令和元年、千葉川平研究会報告

こんにちは。千葉川平研究会代表の松岡です。

令和に入り初めての研究会が11月8日からスタートしました。

今年より第一回目に参加してくれたメンバーが講師やアシスタントとなり若いスタッフも切磋琢磨し研究会をさらに盛り上げてくれています。参加者一人につき、一人講師がつき指導(マンツーマン指導)できるような体制も出来上がってきました。

参加者からも『わからないことがすぐきけてうれしい』『自己流にならずに済む』『実際に受けてみることもできるので自分の体感の中で基準がつくりやすく理解しやすい』『講師の方々にうけてもらえるので適度な緊張感のあるなかで練習できるため実践にすぐ使える自信になる』などの声をいただいております。

 

今年は、病院、クリニック、介護(デイケア、デイサービス)など分野の違った方々に参加していただいてます。

考え方や方法だけではなく、それぞれの現場で実践し自ら創意工夫まで起こせるきっかけになるよう今年より症例検討会も実施していきます。

こちらもふるってご参加ください。一緒に議論してともに成長とレベルアップをはかり患者様への貢献のお手伝いになればと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA